マーケティングとは何?お店から見る売る科学:需要創造の原理

スポンサーリンク

マーケティングとは何?っていうとよく分からないし難しい。

だからといって大事なことはわかっているからお店で活かして売上を伸ばしたい。

お店から見る販売の科学を活かして使うため簡単に考えることにしました。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

マーケティングとは何?お店から見る売る科学:需要創造の原理

日本マーケティング協会による定義では

「マーケティングとは企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である」

これでは難しい、分からない、だから使えない。

もっとシンプルでわかりやすくすると

マーケティング=売れる仕組み

マーケティングとは「売れる仕組み」これで使えそうです。

そのマーケティングの行動規範に次のようなものがあります。

●需要創造の原理

●非価格競争の原理

●販売中枢性の原理

●主体性維持の原理

●科学的市場認識の原理

このマーケティングの行動規範の中にある

「需要創造の原理」とは

「需要を固定的なものと考えないことである。

それは経済の発展によっても流動的に変化するが

小売業の側からの積極的な働きかけによっても拡大し

創造を得るという認識に立脚したものである。

このことはマーケティングの考え方を支える原理の中で中心的な存在である。」

ということです。

これも難しい、分からない、だから使えない。

簡単にすると

「需要創造の原理」とは

「お店の働きかけ次第で需要は拡大も創造もできる」

ということです。

ドラッカーは「マネジメント」という著書で

と説いています。

「事業の目的は顧客創造である」

そして

とドラッカーは言っています。

「企業の目的の定義は一つしかない。それは顧客の創造である。」

顧客を創造するということの意味は

顧客数を増大することだと思いがちですが

「顧客の潜在欲求を有効需要に変えること」だとドラッカーは言っています。

私が提唱している

お客様を創るお店づくり【創客MD】は

需要創造の原理、顧客の創造と同じ意味です。

私は自身の販売活動の中で需要創造の原理や顧客の創造を体験しました。


実際に

「お店の働きかけ次第で需要は拡大も創造もできる」

ことを体験しました。

  • ディスプレイを変えることで販売数が数倍に拡大しました。
  • POPの内容を変えただけで売れなかったものが売れだしました。
  • 売り方を変えただけで販売数が数倍になりました。
  • オリジナルな商品開発で独自の売上が創れました。
  • 商品の価値を伝えるPOPで数倍売れるようになりました。
  • お店のコンセプトを明確にすると買っていただく上客が増えました。

本当に

お店の働きかけ次第で需要は拡大も創造もできるのです。

そうだと信じてお客様に働きかけることです。


お客様を創るお店づくり【創客MD】は

  • お店のコンセプト(誰に、何を、どのように提供するか)を決めます
  • 何を(価値)を売れる価値・買う価値まで高めます
  • 価値を伝わるように表現する

の3ステップです。


そういう方法で働きかけてみてください。

高い確率で大きく販売数、買上客数、売上が伸びてきます。

スポンサーリンク