観光売店、PA、SA、道の駅ほど売上を伸ばしやすい業種はない

スポンサーリンク

お客様が使ってもいいと思うお金をたくさん持っている。
お客様に買う気があって買いたいものを探している。
そういうお客様=見込み客が大量に来てくれる。

観光売店、PA、SA、道の駅ほど恵まれた業種はありません。

スポンサーリンク



観光売店、PA、SA、道の駅にとって観光客ほどありがたいお客様はない

観光売店、PA、SA、道の駅にとって観光客ほどありがたいお客様はありません。
それはお店の働きかけ次第で大きく売上を伸ばすことができるからです。

観光客というお客様は

  • 使ってもいいと思うお金をたくさん持っています
  • 買う気があって買いたいものを探しています
  • そういう有望な見込み客がたくさん来店します

とてもありがたいお客様です。

使ってもいいと思うお金をたくさん持っています

 

あなた自身の経験を振り返ってみてください。
旅行に出る時は普段持たないような金額を財布に入れて旅行にでかけませんか?
安心感のためもあるでしょう。

でもそのお金を全部使ってもいいと思うところまで覚悟しています。
たくさんのお金を持っていて財布の紐がゆるい。
なんとありがたいお客様でしょう。

観光客は買う気があって買いたいものを探しています

 

旅行というのは本来、非日常的な世界に身を置くということです。
その結果として家族や知人へのお土産、自分の記念の品を求めています。
その土地の特産品、希少品、珍しいものを求めています。
そういうものを買いたいという潜在的なニーズを持っているのが観光客です。

この成熟社会においてなんとありがたいお客様でしょう。

そういう有望な見込み客がたくさん来店します

 

観光売店、PA、SA、道の駅には観光資源によってありがたいお客様がたくさん集まります。
観光売店、PA、SA、道の駅には旅行の道中にありがたいお客様がたくさん立ち寄ります。

集客は観光資源がしてくれるおかげで観光地、そのルートに多くのお客様が立ち寄ります。
立ち寄るだけではなく、何か珍しいもの特産のものはないかと探し回ってくれます。

お店の稚拙なVMDや商品管理でも売り場への立寄が多く商品を認識してくれます。
観光客ってなんとありがたいお客様でしょう。

スポンサーリンク

観光売店、PA、SA、道の駅は簡単に売上を伸ばすことができます

観光売店、PA、SA、道の駅がありがたいお客様に恵まれているのは前述のとおりです。

観光客というお客様は

  • 使ってもいいと思うお金をたくさん持っています
  • 買う気があって買いたいものを探しています
  • そういう有望な見込み客がたくさん来店します

とてもありがたいお客様です。

お店がすることはちょっとお客様の背中を押してあげてお買上に結びつけるだけです。
購買心理の8段階というものがあります。
お店の中でお客様はどのような心理過程で買物をするのかを表したものです。

その8段階とは

注目―興味―連想―欲望―比較検討―信頼―行動―満足

というものです。

観光客はその8段階の内の2~4段階まで進んでいるお客様です。
お店があと数段階働きかけることでお買上に結びつきます。
観光売店、PA、SA、道の駅は簡単に売上を伸ばすことができます。

 

観光売店、PA、SA、道の駅の売り場でお客様からよく聞かれることがあります。

「この地方のおすすめは何ですか?」
「この観光地の特産品は何ですか?」
「何が一番おいしいですか?」


これはお客様が

「買いたいのだけれど何を買ったらいいですか?」と言っているのです。

そこでお店が

「全部がおすすめですよ」
「色々ありますよ」
「どれも美味しいですよ」

と答えたり
とっさに答えられなかったりしたら
それはお店が働きかけをしていないということです。

 

そういう場合は

「こういう方にはこういう特産品はいかがですか?」
「一番のおすすめは〇〇、次におすすめは〇〇ですね」
「皆さん一番美味しいというのがこれです」

と答えを言えるように準備して置かなければなりません。
すると簡単にお買上いただけるのです。

このようにして観光売店、PA、SA、道の駅は簡単に売上を伸ばすことができます。

お店の観光客への働きかけでいくらでも売上を伸ばすことができる

 

マーケティングの行動規範の中に「主体性維持の原理」というものがあります。


お店にとってお客様は客観的で外的な存在です。
マーケティングの基本理念がお客様志向であるとしてもお客様の言いなりではいけません。
お店が自身の知恵を集めてお客様に働きかければお客様を変えることができます。
またお客様を創り出すこともできます。
お店が主体性を持ってお客様への働きかけをすべきというのが主体性維持の原理です。


観光売店、PA、SA、道の駅はお店の働きかけで買うお客様を作り出すことができます。
人気商品のランキングを表示するとお土産を選ぶのが面倒な男性客のお買上を助けます。
インバウンドの方にもランキングは最も信頼される情報になります。

 

特産品は観光客にとっては未知の商品です。
その伝統的な製法や素材についての丁寧な説明は信頼、お買上に繋がります。
また食べ方、使い方がわからない場合も多いので美味しい食べ方の提示は喜ばれます。

 

地元の産物が新鮮であるということは大きな価値です。
長い年月を掛けて作るものや作り始めてから数百年というものにも価値があります。
お店にとっては普通のことでも観光客にとっては価値のあることが多いものです。


遠慮なく、もれなくアピールしてください。
特産品には多くの場合、希少なものが多いものです。
希少性は買う価値の中でも上位の購買動機に繋がります。

スポンサーリンク

観光売店、PA、SA、道の駅ほど売上を伸ばしやすい業種はない

 

観光売店、PA、SA、道の駅にとって観光客ほどありがたいお客様はありません。

観光客というお客様は

  • 使ってもいいと思うお金をたくさん持っています
  • 買う気があって買いたいものを探しています
  • そういう有望な見込み客がたくさん来店します

とてもありがたいお客様です。

 

観光売店、PA、SA、道の駅は簡単に売上を伸ばすことができます。
お店がすることはちょっとお客様の背中を押してあげてお買上に結びつけるだけです。

 

観光売店、PA、SA、道の駅はお店の働きかけで買うお客様を作り出すことができます。
買うお客様を作り出す価値がたくさんあります。

スポンサーリンク