やりたくない仕事はPOPにさせて気分良く仕事をして売上を伸ばす

スポンサーリンク

声掛けをすれば売れるかもしれないとわかっていてもお客様に売り込みを嫌がられる。

お客様にとってのマイナス情報を知らせると売上が落ちるかもしれないという不安。

お客様に言いたくない、やりたくない仕事ってあります。

しなくちゃいけない仕事はPOPにさせて売上を伸ばす方法です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

やりたくない仕事はPOPにさせて気分良く仕事をして売上を伸ばす

やりたくない仕事では売上を伸ばせない

先日、FAXを買いに大型家電店に行ってきました。

地域で一番の繁盛店ですが平日の午後8時ごろでは流石に客数も少ないようです。

FAXを選んでいると店員さんが近づいてきてアドバイスをしてくれました。

売れ筋商品のこと、値段による機能の違い、電話線の接続のことなどです。

FAXを決めて会計するのに店員さんが商品をレジまで持って行ってくれました。

店員さんが途中で一言

「ついているインクリボンはテスト用ですので20~30枚で無くなります」

「予備のリボンはいかがですか?」

迷いましたが買いました。

インクリボンがすぐなくなるのは分かっていましたし予算に余裕がありましたから。

17800円のFAXに590円のインクリボン

一言で売上が3.3%のアップです。

お店全体の売上アップ3.3%はなかなか大変です。

一品だけの売上3.3%アップってこんなに簡単にできてしまいます。

この店員さん本当に優れた店員さんです。


閉店時間も近く客数の少ない中で多くの店員さんの気持ちが緩む時間です。

そこを積極的に声掛けして+アルファの売上を作りました。

そういう販売員さんばかりだと売上がどんどん上がっていくでしょう。


そのお店でもそうでしたが多くの販売員さんはそうではありません。

声掛けをすれば売れるかもしれないとわかってはいます。

でもお客様に売り込みを嫌がられて逆にお買い上げをやめてしまうのでは。

そういう不安もあって声掛けをしない場合があります。

わかっていても、やりたくない仕事にはあまり力が入りません。

だから、やりたくない仕事は売上が伸びないのです。

やりたくない仕事はPOPにさせよう

FAXをお買い上げのお客様に替えのリボンをおすすめして売上を伸ばす。

私には絶対できませんが私は別のやり方をやります。

私は声を掛けて嫌な顔をされたり、断られたりするのが嫌いです。


私はFAX売り場の各見本機とFAXリボンの棚にPOPをつけます。

そしてお客様からのお問い合わせを待ちます。

例えば以下のような感じのPOPです

―――――――――――――――――――――――――――――――――

今お求めが便利です!

補充用インクリボン

ついているインクリボンはテスト用ですのでFAX20~30枚で無くなります

すぐに必要になりますので予備のリボンをついでにお求めすることを

おすすめします

―――――――――――――――――――――――――――――――――

これだとお買い上げのお客様以外、将来のお客様にもアピールできます。

私がお休みでもFAX本体と替えのインクリボンを同時購買するかもしれません。


もしかしたら売上はもっと伸びるかもしれません。

やりたくない仕事をPOPが変わってくれることって意外とたくさんあります。

そしてその方が売れるということも意外とたくさんあります。

やりたくない仕事はPOPにさせて売上を伸ばす

ある観光売店でのお話です。

そのお店では冷凍のカニを販売していました。

北大西洋カナダ産800gくらいの結構大きなズワイカニです。

1パイ3,500円です。

地元産の生ズワイガニでしたら7,000円~10,000円でしょう。

味はもちろん生ズワイガニのほうがうまいにきまっています。

でも味と価格のバランスを比べると冷凍ズワイカニも負けてはいません。

それを販売していてちょっと困ったことが起きました。

お客様のお買い上げでお持ち帰りの準備をしたりお会計をしていて聞かれます。

「このカニは地元産ですか?」

販売員さんがバツが悪そうに

「北大西洋カナダ産ですけど、だからお手頃価格なんです」

といいます。

するとお買い上げがキャンセルされたり、お客様の残念そうな顔に変わったりします。

販売員さんにはそれがとても嫌でカニを販売するのに力が入らなかったのです。

むしろ販売員さんは売れないことを望んでいたんですね。

売れると嫌なことが起きるので。

だから売れませんでした。

そこでアドバイスさせていただきました。

POPで産地名を表記して、だから安いんですよ!それでお求めになりますか?

というふうにしてはどうですかというアドバイスです。

こんな感じのPOPです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

だからお手頃味!

北大西洋カナダ産

冷凍ズワイカニ

1パイ約800g    3,500円

味はもちろん生ズワイガニのほうがうまいにきまっています。

生ズワイガニでしたら7,000円~10,000円です

コスパ最高の冷凍ズワイカニです

―――――――――――――――――――――――――――――――――

その結果

7,000円~10,000円出して地元産の生ズワイガニを求める方は決して買いません。


「このカニは地元産ですか?」のお問い合わせはなくなりました。

販売員さんはとても気が楽になって冷凍ズワイカニの販売に前向きになりました。

地元産の冷凍ズワイガニと思って買って味がイマイチとの電話はなくなりました。


正直に味はソコソコだけど、お手頃価格の冷凍ズワイカニだと自信を持って販売する。

そうするとみんなハッピーになる。

マイナス情報をお客様に知らせるというやりたくない仕事はPOPに任せる。


お客様には正確な情報を提供して、販売員さんはハッピーな仕事をする。

POPを活用するとお店と販売員さんが明るくなる。

そして何より以前より買っていただくお客様が増えました。

やりたくない仕事はPOPにさせて気分良く仕事をして売上を伸ばす

  • わかっていても、やりたくない仕事にはあまり力が入りません。

   だから、やりたくない仕事は売上が伸びないのです。

  • マイナス情報をお客様に知らせるというやりたくない仕事はPOPに任せる。

  お客様には正確な情報を提供して、販売員さんはハッピーな仕事をする。

   POPを活用するとお店と販売員さんが明るくなる。

  そして何より以前より買っていただくお客様が増えました。

  • やりたくない仕事をPOPが変わってくれることって意外とたくさんあります。

  そしてその方が売れるということも意外とたくさんあります。

  • やりたくない仕事はPOPにさせて気分良く仕事をして売上を伸ばす。

  そういうPOPの活用はいかがですか?

スポンサーリンク