センスの良さを売るお店が押さえるべきチェックポイント

スポンサーリンク

男性のオシャレ度を測るチェックポイントをご存知ですか?

靴、ネクタイ、香り、髪型、靴下、シャツの襟や袖口周りだそうです。

センスの良さを売るお店が押さえるべきチェックポイントは5Sです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

センスの良さを売るお店が押さえるべきチェックポイント

センスの良さを売るお店のチェックポイントは何をみているのか?

男性のオシャレ度を測るチェックポイントは次のようなことです。

靴は重要なチェックポイントです。

こだわりや服装に合わせた使い分けがあるか、手入れが怠りないかがチェックされます。

ネクタイ

結び方などにも注目して、身だしなみをきちんとしているかが見られるポイントです。

ファッションセンスが一番現れるネクタイにはその人の個性が表れます。

香り

目に見えない香りまで気にしているかがポイントになります。

近頃はとても敏感にチェックされています。

髪型

寝癖なんて最悪。きちんとケアがされている髪かどうかがポイントです。

自分に合った髪型かどうかも重要なポイントです。

靴下

見えないからと手抜きしていると要注意で実はしっかり見られているのが靴下です。

服や靴にマッチしているかどうかがオシャレセンスのポイントです。


まとめると以下のチェックポイントが男性のオシャレ度を測るチェックポイントです。

  • マッチングを大切にする
  • 手入れを怠らない
  • 手間暇を惜しまずこだわる
  • 当たり前のことを当たり前にする
  • 細部に手を抜かず拘る
  • 個性が出ているか
  • 見えないところも大切にする

なんだかお店のチェックポイントと同じような気がしませんか?

センスの良さを売るお店のセンスをお客様はチェックする

街一番のインテリア家具のお店の駐車場

「素敵なインテリア家具で豊かな暮らしを」

「豊かな暮らしにすてきなガーデニングが似合う」

そんなライフスタイル提案のコピーがお店や、売り場から溢れてきそうです。

でも駐車場の草茫々と素敵なガーデニングは似合わない。

駐車場の入口のコンクリートのヒビや段差は豊かな暮らしには似合わない。


お客目線というのはそういうことです

お店の方は言葉や態度でお客様とコミュニケーションをとっています。


それだけではありません。


売場や商品といったものを通してもお客様とコミュニケーションをとっています。

販売システムや売り方といった仕組みを通してもコミュニケーションをとっています。

それは恐ろしいほど敏感にお客様に感じとっていただいているでしょう。

お店の思いが何の覆いも無くさらされているような感じです。


お店の方がお客様に対して何を思っているのか。

お店の方がお客様に何をしたいと思っているのか。

すべてをお客様は感じています。


お客様はお店の方の言葉だけでなく、否、言葉よりも

お店、売場、商品、売り方、販売システムからお店の方の思いを正確に感じています。

言葉で「お客様のことを大切に考えています」と言っても

お店の周りが汚れていてはその言葉を素直に受け取ってはいただいていないでしょう。

お店の駐車場が雑草だらけではお店のデザインセンスを疑うでしょう。

棚に埃があればお客様に対しての姿勢がどういうものか伝わるでしょう。

商品に埃が付いていればどのような思いを持っているか伝わるでしょう。


商品選定や価格設定、売場での表現などの前に、

お客様はお店、売場、商品、売り方、販売システムといったものから

敏感にお店の思いを感じています。

思いは形に表れるのです。

センスの良さを売るお店のセンスをお客様は敏感にチェックしています。

センスの良さを売るお店が押さえるべきチェックポイントは5S

5Sとは整理、整頓、清掃、清潔、躾のことです。

簡単に言えば先のお店のチェックポイントの基礎の部分です。

  • 手入れを怠らない
  • 手間暇を惜しまずこだわる
  • 当たり前のことを当たり前にする
  • 見えないところも大切にする
  • 細部に手を抜かずこだわる

基礎ができていないと

  • マッチングを大切にする
  • 個性が出ているか

という部分も色あせて見える。


街一番のインテリア家具のお店

豊かな暮らしを提案しているようで雑多な商品をなんのコンセプトもなく並べている。

コスパNo1のインテリア家具のお店

お客様の探しやすさを第一に考えて配置している。


街一番のインテリア家具のお店

配達伝票を書くためにテーブルと椅子がありドリンクサービスがある。

ただドリンクの自販機は汚れ、ゴミ箱には紙カップがいっぱい。

コスパNo1のインテリア家具のお店

スピード優先でテキパキと会計を済ませるが待たせないようにレジカバーがすぐ入る。


街一番のインテリア家具のお店

店内からは見えないが幹線道路からはお店の棚の裏側がガラス越しに丸見え。

コスパNo1のインテリア家具のお店

1階のエントランスにはエスカレーターの面する壁にお店のコンセプトを表すPOPがある。

思いは形に表れるのです。

センスの良さを売るお店のセンスをお客様は敏感にチェックしています。

スポンサーリンク