個人商店が繁盛店になるにはいいチームを創っていい動きをする

スポンサーリンク

従業員が少ない個人商店だからこそ組織図が必要です。

最適なフォーメーションでメンバーの力を最大限発揮してもらいチームワークを発揮する。

そういう当たり前のことで従業員が少ない個人商店は繁盛店になることができます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

個人商店が繁盛店になるにはいいチームを創っていい動きをする

従業員が少ない個人商店が組織図でフォーメーションを最適化する

経営者(店長)には経営権という仕事があります。

経営権には

チームを作る:組成職能(会社・お店の人、物、金、情報、仕組みの構造を決める仕事)

チームを動かす・動く:執行職能(会社・お店をPDCサイクルで動かす仕事)があります。

組成職能の最も重要なポイントが組織の構造を決める(チームを作る)ということです。

組織(チーム)を見える化したものが組織図(フォーメーション)です。

  • 組織図によってチーム全体が一瞬で把握できます
  • 組織図によって自分の存在場所(ポジション)を確認することができます
  • 組織図によってチームとの関わりが分かり自分のするべき働き(プレー)がわかります

まずはフォーメーションパワーを最適化する組織図を作ります。

その基本は次の組織の4原則を外さないこと。

  • 専門化の原則:同質的な職務割り当てをすると生産性が高まるということ
  • 権限・責任一致の原則:権限、責任は同じ大きさということ
  • 統制範囲の原則:部下の人数には限界があるということ
  • 命令一元化の原則:部下は常に一人の上司から指示を受けるということ
  • 権限委譲の原則:定型的業務は部下に権限と責任を委譲し上司は意思決定業務に専念すると生産性が高まるということ

組織には職能部門組織、マトリックス組織、事業部制組織、ネットワーク組織という代表的な形があります。

多くの個人商店は職能部門組織、事業部制組織が適しています。

従業員が少ない個人商店が組織図でメンバーパワーを最大化する

経営者(店長)には更に個々のメンバーのパワーを最大化する仕事があります。

そのポイントは

  • 適材適所:最適な人材を最適なポジションに配置する
  • 組織変化:フォーメーション変化させて新たなメンバーパワーを発掘する
  • 個性発揮:個人の能力を高める動機づけ
  • 理念共有:高い目標に至る身近な目標を設定し価値観を共有する
  • 信頼醸成:個々人の存在を重要視し仕事を任せる
  • 帰属意識:組織図には全員の名前を入れると帰属意識が高まる

従業員が少ない個人商店が組織図でチームワークパワーを最適運用する

もう一度経営権のチームを作る:組成職能とチームを動かす・動く:執行職能を確認します。

経営者(店長)には経営権という職能(仕事)があります。

経営権には

チームを作る:組成職能(会社・お店の人、物、金、情報、仕組みの構造を決める仕事)と

チームを動かす・動く:執行職能(会社・お店をPDCサイクルで動かす仕事)があります。

組織は仕組みですので効果的な動かし方・動き方(組織運用)とセットでなければ絵に描いた餅になります。

PDCサイクルを基本に

  • Plan(計画)で広く計画を知らせて動きやすいようにする
  • Do (実行)で実行をスムーズに、力強くできるように支援する
  • Check(確認)で計画との差異を確認し学び次計画に活かす

従業員が少ない個人商店は組織図を生命に学ぶ

組織図は短すぎない、長すぎない3階層が基本です。

木の成長、細胞の分裂、骨格と筋肉の関係、繁殖など組織作りは生命に学ぶとうまくいきます。

長い年月をかけて生命は生存し続けるために進化、環境に対して最適化して来ました。

そこには学ぶべき知恵がたくさんあります。

スポンサーリンク