お店の情報活用の仕方がスタッフのモチベーションを左右する

スポンサーリンク

「情報」が経営資源の一つに組み込まれてからかなり経ちます。

「情報」はインプット・プロセス・アウトプットで大きな差が出る経営資源です。

「情報」を活用する仕組み3つのポイントは

  • 広く収集する
  • 核に集約する
  • 広く発表する

です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

お店の情報活用の仕方がスタッフのモチベーションを左右する

――手書きポップの書き方のコツで販促をデザインする――

お客様創りポップライター:西村まさゆき

情報は広く収集する

お店というお客様と接する場所がある場合はトップや店長という一部の人が情報を収集すれば済むという時ではありません。

また情報を収集しきれるものものでもありませんし広く収集する仕組みが必要です。

お店の全従業員がお客様に関心を持ち、各自の持っているアンテナでお客様のニーズをキャッチすることが売上の確保の前提条件です。

情報はお店の中だけでなく、お店以外の場所において得た情報も必要です。

お客様の情報だけに限らず、従業員の知恵、経験値、アイデアなど広く対象となります。

お店の情報は店長が集約しますがトップは店長だけからお店の情報を得ていては危険です。

情報は人によってバイアスを掛けられる場合もありますので情報の入手経路は複数必要です。

先日もあるお店で人員が1名欠員し店長が補充は2名必要だと言っており、一方で販売員は補充の必要はないと言っていました。

こういう場合は特に情報の入手経路は複数必要だと痛感します。

情報を広く収集したら集約し真摯に処理され結果を広く発表するのが情報収集のコツです。

何の役にも立ててくれないとわかっていたなら情報は決して集まりません。

集められた情報が大切に受け取られ、検討、活用される場があることを知っていることが情報収集のモチベーションになります。

情報は核に集約する

「核に集約する」とは広く収集された情報が活用される仕組みに乗る、そういう部署に集まるということです。

情報が活用されるとは整理され、統合され、検討され、行動計画に落とし込まれ、実行に移されるということです。

情報は様々なお客様の情報、従業員の知恵、経験値、アイデアがあるでしょう。

ですが全てが有益なものとばかりは言えないでしょう。

有益な情報が活用されるのは当然です。

否定的な情報は修正され、的外れな情報は方向性が示され、有益でないものは無視されるのではなく不採用とされる。

そうすることで、従業員一人ひとりの情報に対しての真摯な受け止めになります。

また、お店の目指す方向が全従業員に理解されることにもなります。

収集されたすべての情報が適切に処理されることが従業員を尊重することになります。

収集されたすべての情報が適切に処理される事が広く情報を収集されることに繋がります。

情報は広く発表する

収集された情報を整理、統合、検討、計画、実行の流れの中で従業員にフィードバックされることが情報活用の意義、価値、効果を全従業員に伝えることになります。

発表されない情報は整理、統合、検討、計画、実行の処理をされなかったということです。

発表されない情報はそもそも収集されなかった情報と同じです。

収集された情報を整理、統合、検討、計画、実行の流れの中で従業員に広く発表することが次の新しい情報の収集へとつながっていきます。

収集された情報を整理、統合、検討、計画、実行の流れの中で従業員に広く発表することが垂直と水平のチームの一体化を強めます。

「伝えないでおこう」「聞いていないよ」はチームの分断の始まりです。

広く収集し、核に集約し、広く発表するという情報活用の根本の考え方は広い心で従業員一人ひとりの個性を受け入れるということです。

お店の情報活用の仕方がスタッフのモチベーションを左右する

「情報」はインプット・プロセス・アウトプットで大きな差が出る経営資源です。

「情報」活用の仕組み3つの要点「広く収集する」・「核に集約する」・「広く発表する」

「情報」活用は仕組みだから流れを止めてはいけない、抜けてはいけない。

「情報」活用の仕組みは流れだから好循環にも悪循環にもなる。

「情報」活用は従業員を尊重する。

「情報」活用はチームの一体感を強化する。

「情報」活用はチームの進むべき道を提示する。

「情報」収集はチームの感覚器です。

「情報」活用は全員参加の仕組みです。

スポンサーリンク