売上がずっと積み上がっていくために必要なこと

スポンサーリンク

ノウハウやテクニックで売上を一時的に上げることはそれほど難しいことではないかもしれません。

書店に行けばそれこそ何十冊もの販促のノウハウやテクニックの本があります。

やる気があって学ぼうとするお店にはコンサルタントは不要です。

ところがそれだけでは売上はずっと積み上がって行かないと思っています。

考え方もしっかりしたものでないと売上は積み上がって行かないと私は体験からそう思います。

私のブログやメールレターではそういう情報や仕組みをお伝えしています。

私の思いの一つは

お客様創りPOPで売上を飛躍的に伸ばしていただきたい。

もう一つは

私が教えていただいた知恵を伝えて

いいお店を作って永続的に売上を伸ばしていただきたい。

ということです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

売上がずっと積み上がっていくために必要なこと

売ろうとしていたのに売れなくなった・・何故?

私がある売り場の担当責任者で東日本大震災の影響で売上が最も厳しかった頃の話です。

扱い商品の半分ほどが食品だったため商品ロスが出ていました。

委託販売でしたのでそれらの商品ロスは取引先の利益減になっていました。

幾つかの取引先が売れない、商品ロスが出る、利益が出ないと商品供給を断ってきました。

継続して取引をしてくれるところもロスを恐れて新規商品の紹介は全くしてくれません。

取引先自体も経営状況が芳しくなく廃業していく取引先もありました。

お客様が減っても増えることはなく、購買マインドも低調でした。

そうした売上がどん底の状態で売場の廃止が検討されました。

その状態の中で痛切に感じたことがあります。

  • 取引先は卸してくれない
  • お客様は来てくれない
  • 来たお客様は買ってくれない

ということです。

これが現実、当たり前なのだと思いました。

これだけ頑張ってやっているのに何故売れないのか?

考え方、見方、見る立場が変わったら売れだした

  • 取引先は卸してくれない
  • お客様は来てくれない
  • 来たお客様は買ってくれない

これらはなかなか頭から離れませんでしたが、私の力ではどうしようもないことでした。

この思いだけをずっと持っていたら、それ以後のことは無かったと思います。

幸いなことに私は自分の思いから少しずつ距離を置くことができました。

そして冷静に現状を見ることができるようになりました。

  • 取引先は卸してくれない

だけれども

今も売場には商品があり、わずかながら売れている

  • お客様は来てくれない

 だけれども

来ないといっても、何人かのお客様は来店してくださる

  • 来たお客様は買ってくれない

だけれども

買ってくれないといっても、毎日いくつか売れている

新しい商品が入らない、お客様が来ない、買ってくれないという「無い」という視点から

今、手のうちに「有る」ものに目がいくようになったのです。

更に

  • 取引先は卸してくれない

だけれども

ロスにならずに売れて利益が出れば卸すこともできる

  • お客様は来てくれない

だけれども

まだ来ないお客様のことより目の前のお客様のことを考えてください

  • 来たお客様は買ってくれない

 だけれども

どの商品がいいのか、どの商品を買えばいいのか教えてください

新しい商品が入らない、お客様が来ない、買ってくれないという「販売者」という立場から「取引先、お客様」という立場になることができたのです。

「無い」という視点から今、手のうちに「有る」ものに目がいく。

「販売者」という立場から「取引先、お客様」という立場になる。

そのようにして自分の想いから距離を置くことで解決の方向が見えてきました。

自分の想いから距離を置くことで解決の方向が見えてきました。

「いま、ここにある商品を目の前のお客様に売ればいい」

それは当たり前のことで、とてもシンプルでした。

その後お客様目線での売り場改善をすすめ、お客様に今ある商品の価値を丁寧に説明するようにしました。

そうすると昨年の数字を超える月が少しずつ出てきて1年後には毎月、昨年の数字を超えるようになりました。

力のある人も頑張る人も考え方次第で全く結果が違ってくる

Jpeg

ここで気付くことがあります。

売上が昨年数字を超えるようになった以前もその後も売り場の担当の私は変わりません。

短期間に商品が入れ替わったのでも、人が変わって販売力が高まったのでもありません。

また売れない期間に私がサボっていたわけではありません。

売れるようになったのは私が頑張り始めたわけでもありません。

ただ単に私の見方、見る立場、考え方が変わっただけです。

私の見方、見る立場、考え方が変わったことによって

私のすることが変わり、売り場が変わり売上が変わってきました。

売りたいという考えから

お客様に喜んでいただける販売

お客様に喜んでいただける売り場

お客様に喜んでいただける売り方

に変わりました。

そうすると売らなくてはという思いが全くなくなっても自然に売れていくようになりました。

考え方が違うとこうも結果が変わるのかと自分でも不思議なのです。

更に不思議なのはそれがその後3年間も続いたことです。

3つの姿勢を忘れると売上が下降しだした

4年間売上が伸び続けました。

5年目には一時売上は低迷したもののその後も売上は積み上がり続けました。

概ね順調でしたが中には失敗もありました。

奢りです。

何やっても売れる。

お客様にとって喜ばしくないものも販売しだしました。

急に売上にブレーキが掛かったような感じがしました。

すぐに反省してその商品は引き上げました。

また、好調が続くと守りに入ります。

新しいことにチャレンジしない、失敗を恐れる、マンネリ化する。

そういう時は数字が伸び悩みます。

飽きが来たらとにかく売り場を変えてみました。

今、何か忘れていることはないか、見逃していることはないかを恐れたのです。

3つの姿勢(素直、前向き、学び好き)を忘れると売上が下降し始める。

これも私自身が体験したことです。

人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力

人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力は稲盛和夫さんの言葉です。

熱意、能力は変わらなくとも考え方が違えば売り場が無くなるようなこともある。

熱意、能力は変わらなくとも考え方が違えば売上が右肩上がりに積み上がりだす。

熱意、能力は変わらなくとも考え方や姿勢がずれてくると業績が落ちてくる。

これらは私自身が体験してわかったことです。

考え方や姿勢もしっかりしたものでないと売上は積み上がって行かないと体験からそう思います。

私がお店のサポートを志していることでわからないことが一つありました。

能力はその気になれば簡単に手に入ります。

そのようなお店にはサポートは必要ありません。

では私がサポートするお店はどのようなお店なのかと迷っていました。

私がサポートするお店は考え方がずれていたり、熱意が不足していたりするお店なのだと気づきました。

今日のブログで私自身が学んだ気がします。

能力は簡単に手に入ります。

ノウハウやテクニックで売上を一時的に上げることはそれほど難しいことではありません。

書店に行けばそれこそ何十冊もの販促のノウハウやテクニックの本があります。

ネットで検索しても沢山のヒントが出てきます。

熱意は簡単には手に入りません。

熱意ある人、物事、出来事、考え方、志、思いに感化されるしかありません。

私はそういうことにお役に立ちたいと思います。

考え方もまた人や経験、思い、思索、学びから得るものでしょう。

私はそういうことにお役に立ちたいと思います。

私のブログやメールレターではそういう情報や仕組みをお伝えしたいと思います。

私の思いの一つは

お客様創りPOPで売上を飛躍的に伸ばしていただきたい。

もう一つは

私が教えていただいた知恵を伝えて

いいお店を作って永続的に売上を伸ばしていただきたい。

ということです。

スポンサーリンク