手書きポップの書き方のコツで販促デザイン~チームワークポップ

スポンサーリンク

「ポップを書いて商品が売れるなんてあまりないよね」

「ポップを書いてもお店の売上が伸びてこないんだよね」

「ポップを付けると何だかお店がごちゃごちゃしてくるみたいです」

というお店にお伺いします。

あなたのお店のポップにはチームワークがありますか?

チームワークのあるポップは売れます!

スポンサーリンク



手書きポップの書き方のコツ~ポップのチームワークってなんだ

チームワークの説明でよくお話する例があります。

50kgの荷物を動かすことができる人が二人いたら
一体、何kgの荷物を動かすことができるでしょうか?

 

 

答えは0~100kg

チームワークの状態によって動かせる重さが変わってきます。

  • 二人が反対方向に同じ力で動かそうとすると全く動かずに0kgということ
  • 二人が同じ方向に動かそうとしてもタイミングが合わないと50kgということ
  • 二人が同じ方向に同じタイミングで動かそうとすると100kgということ

 

チームワークのポイントは方向タイミングで大きな成果が出るということです。

 

では、そのチームワークを最高に発揮するために必要な2つの役割とは何でしょう?

それは荷物を引っ張る役割方向・タイミングを合わせる役割です。

 

荷物を動かすことで言うと

100kgの荷物を動かすには
50kgの荷物を動かす人が二人
力の方向を決めタイミングを合わせる役割の人
必要なんです。

 

ポップのチームワークで言うと

販促で売上を伸ばすには
お客様に働きかけるポップやディスプレイなどの販促手段
ストアコンセプトや販促計画
必要なんです。

チームワークのあるポップ、販促というのは

ポップやディスプレイの働きかけるお客様

ポップやディスプレイが伝える価値

ポップやディスプレイで働きかける方法

ストアコンセプトや販促計画と合っているということです。

 

スポンサーリンク

手書きポップの書き方のコツ~チームワークのあるポップ

鍋物材料を販売する場合についてチームワークのあるポップ、販促の例を上げてみましょう。

ストアコンセプト・・・

生活の中心の食を豊かにする商品をご提案するお店

 

販促計画・・・・・・・

【テーマ】

今年の鍋料理は全国の人気鍋料理10品を毎週1点、レシピ付きでご紹介!

 

【説明コピー】

各地から特産の鍋材料を仕入れて初めての鍋物メニュー体験をお手伝いします。

 

ポップ・・・・・・・・

【キャッチコピー】
全国の人気鍋料理第1位!
旬の生鮭の旨味を楽しむ「石狩鍋」

 

【サブコピー】
全国の人気鍋料理第1週は北海道の石狩鍋、旬の生鮭を使った北海道の郷土料理です。
タマネギ、キャベツ、ニンジン、長ネギ、シイタケなどの野菜たっぷりで具沢山が嬉しい!
豆腐もお忘れなく。
味噌仕立てのお出汁で煮込みますが醤油味のアレンジもOK!
山椒の実や粉、柚子胡椒で更に旨味が際立ちます。
もちろんご用意しています。

 

【基本情報】

北海道産 厚切り生鮭 2切れ320円 3切れ400円

 

ディスプレイ・・・・・

【加工食品エンド、青果コーナー、水産コーナーデリカコーナー】

テーマ、キャッチコピーを配したタイトルボードを配置

使用画像は鮭切身の赤色ドアップの石狩鍋の画像

オレンジの布を加工食品、青果、水産、デリカコーナーの各食材に敷き
店舗内統一感を高める。

加工食品エンド、青果コーナー、水産コーナーのメイン3コーナーには
レシピも用意して設置。

デリカコーナーでは個食鍋「石狩鍋」を品作りする。

【各定番品棚】

石狩鍋に使う定番商材にはすべてタイトルボードのミニ版を付けて同時購買を促す。

 

【店舗入口内側青果コーナ前】

タイトルボードの縦版で画像メインの大型(90×180cm)タペストリを設置。

 

いかがでしょう。

お店として統一感があって訴求力も各コーナーの相乗効果で強化されています。

基本は2~3人家族を対象にしながら
個食鍋でお一人様対応見本効果を期待しています。

レシピをお持ちいただくと買い忘れ防止同時購買が期待されます。

 

ストアコンセプトや販促計画、ポップ、ディスプレイが
同じベクトルを向くと売れる可能性が大きく伸びます。

 

青果コーナーが石狩鍋材料を価格訴求だけのポップや
ディスプレイに色の統一感が無いと効果は半減します。

 

お店がお一人様中心のお店ならば
各コーナーの力配分もポップのキャッチコピーも品づくりも全部変わってきます。

 

販促にはチームワークが不可欠なのです。

スポンサーリンク

お店の考え方をはっきりさせるとチームワークがでてくる

石狩鍋の例でお分かりいただけたでしょうか?

 

単品の商品を2~3倍売るだけならばポップ、ディスプレイが
いいものであれば十分できます。

 

お店全体の売上を上げる、相乗効果で売上を拡大するには
チームワークが必要なのです。

 

販促手段のポップ、ディスプレイがどれだけ良くても大きな売上は望めません。

 

チームワークを最高に発揮するために必要な2つの役割は
「荷物を引っ張る役割」と「方向・タイミングを合わせる役割」でした。

 

販促においてのチームワークを最高に発揮するために必要な2つの役割は
「お客様の五感に直接働きかける役割」のポップ、ディスプレイと
「対象のお客様と提供する価値と提供方法を合わせる役割」の
ストアコンセプトや販促計画です。

 

この両方の役割が噛み合うと販売促進は効果の高いものになります。

  • 「ポップを書いて商品が売れるなんてあまりないよね」
  • 「ポップを書いてもお店の売上が伸びてこないんだよね」
  • 「ポップを付けると何だかお店がごちゃごちゃしてくるみたいです」

というお店にお伺いします。

あなたのお店のポップにはチームワークがありますか?

チームワークのあるポップは売れます!

チームワークのある販促は売れます!

スポンサーリンク