お買上客をたった一言でリピーターにする禁断の接客方法

スポンサーリンク

あなたのお店ではお買上いただいたお客様に「ありがとうございます」と言っていますか?

当たり前じゃないかと言われるお店はお客様が減っていくかもしれませんね。

言ってないよ~と言われお店は売上が大きく伸びる可能性があるお店かもしれませんね。

「ありがとうございます」にたった一言で激的にリピーターを増やす接客方法があります。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

お買上客をたった一言でリピーターにする禁断の接客方法

お買上客に「ありがとうございます」と言わない接客

「ありがとうございます」というのはモノやサ―ビスを販売しているお店では当然のように口に出しています。

「ありがとうございます」という言葉はそれだけでお客様に対しての感謝を表す言葉でとても便利です。

ところがこんなことはありませんか?

作業の合間に「ありがとうございます」と言うような口から出ただけの言葉という場合。

忙しくて一人一人のお客様に対して言葉に心を込める余裕もないという場合。

お店に入ってこられたお客様にはしらんぷりでお買上いただいたお客様には「ありがとうございます」と言う。

お買上のお客様がお店を出る時に出口を見ていないで「ありがとうございます」と言う。

そういう時はお客様から心が離れているという時が多いのでお客様の心もお店から離れていきます。

想像してみてください。

お買上のお客様に「ありがとうございます」という言葉は使わないようにするとどうなるか。

とっても困ります。

「ありがとうございます」と言っておけば一応格好がつくものがなくなります。

「このお店はお客様にありがとうも言わんのか」と苦情が来るようになるかもしれません。

お客様に感謝の気持ちで「ありがとうございます」という言葉を言いたいのはみんながそうだと思います。

「ありがとうございます」という言葉は使わないようにすると

「ありがとうございます」という言葉のありがたさ

「ありがとうございます」という言葉のこれまでの使い方

お客様に感謝の気持ちを伝えることの難しさがわかります。

お買上客に「ありがとうございます」と言っていただく接客

お客様に代金を頂いて商品をお渡しし「ありがとうございます」と言うと外国籍のお客様がニコッと笑って「ありがとうございました」と言ってくださると少し幸せな感じになります。

こちらが機械的な「ありがとうございます」であったり、笑顔で負けていたりしていると反省してしまいます。

その瞬間から「ありがとうございます」の丁寧さと笑顔が増します。

それだと外国籍のお客様のおかげで次のお客様はとてもラッキーですね。

逆に買い物をした時にお客のこちらが丁寧に笑顔で「ありがとうございます」と言うと販売員の態度が変わることがあります。

その反応が少し面白いです。

そしてこちらもお店の方も少し明るくて幸せな雰囲気になります。

「ありがとうございます」の言葉にはすごい力があります。

その力を利用するとお店の私たちもちょっと幸せ気分になります。

それにはお客様に「ありがとうございます」と言っていただく接客をすること。

  • お客様が「ありがとうございます」と言いたくなるような笑顔で
  • お客様が「ありがとうございます」と言いたくなるような丁寧さで
  • お客様が「ありがとうございます」と言いたくなるように心を込めて
  • お客様が「ありがとうございます」と言いたくなるような態度で
  • お客様が「ありがとうございます」と言いたくなるような言葉を使って

当たり前のこと プラス 他と違うことをする禁断の接客方法

お買上のお客様に「ありがとうございます」というのは当たり前のことで、当たり前の心情でもあります。

「ありがとうございます」と言わないほうが辛いとさえ感じます。

ところが当たり前のことだけをやっていると手抜きがでてきたり、気持ちがこもらなかったり、慣れがでてきたりします。

当たり前のこと・・・「ありがとうございます」に
他と違うこと・・・・プラス ワンツーを加えると

そのお客様のリピート来店につながったり、他のお客様にアピールしてお買上に結びついたりします。

  • 「ありがとうございます」+「きっとお似合いだと思いますよ デートうまくいくといいですね」
  • 「ありがとうございます」+「左手招き猫のお買上ですね 千客万来になりますように」
  • 「ありがとうございます」+「使い心地がおかしかったらいつでも起こしくださいね 無料調整いたします」
  • 「ありがとうございます」+「楽しい旅行になるといいですね お帰りになったら写真見せてくださいね」
  • 「ありがとうございます」+「お薬が無くなる前に良くなるといいですね」
  • 「ありがとうございます」+「奥さんきっと喜びますよ いい誕生日になるといいですね」

「ありがとうございます」を言わないでお客様に「ありがとうございます」を言っていただくようにしてみましょう。

お客様にお買上をして頂いてもありがとうと言わないということは非常に難しいことです。

販売員でしたら感謝の気持ちを何らかの方法で伝えたいと思っているものです。

そこで「ありがとうございます」と言わないっていうのは非常に抵抗感があるものです。

そこから工夫が始まります。

ありがとうと言わない時にはどうしたらいいか。

「ありがとうございます」に変わる本当にお客様に伝わる言葉を作り出さないといけません。

どの商品をお買い上げになった時にどういう言葉をかけようとか商品を買わない時でも使える言葉を探すとか。

そういうことを考えるとどうしたらお客様に喜んでもらえるのだろうかと真剣に考え始めます。

ただの「ありがとうございます」よりもそういう一言の方が一層お客様に近づき感謝を伝えます。

そうするとお客様も自然と「ありがとうございます」を返したくなります。

そして「ありがとうございます」にその「もう一言」をプラスすると
「ありがとうございます」に気持ちが込められて、
「ありがとうございます」以上にお客様に喜ばれる言葉が加わって
お客様には感謝の気持ちが深く伝わりリピーターになっていただけます。
聞いている他のお客様も気持ちよくて商品の良さを知り買いたくなります。
スポンサーリンク